FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |

新築戸建 中古戸建 マンション 購入 仲介数料無料0円から!!! 「仲介手数料無料のからくり」「仲介手数料無料の仕組み」「仲介手数料無料の不動産業者」

それでは前回、賃貸編の仲介手数料無料の続き、売買編でございます。


売買物件は、賃貸とは異なり、仲介手数料の上限は物件価格の3%+6万円と消費税です。
売買は売る人と買う人がいて成り立ちますので、「売る人」・「買う人」が不動産業者に上記のお金を支払うわけです。弊社のホームページの仲介手数料無料の仕組みが絵が入っていてわかりやすいと思います。

まぁ、売主は3%+6万円なんてだいたい払ってくれませんが…。(ノ_・。)
⇒⇒弊社WEBサイトの仲介手数料無料のしくみについて⇐⇐

売買の場合は、このシステムでも採算が取れなくもないので、「仲介手数料無料」等の不動産業者もちらほら見ますね(ホームデザイナーズとか、ホームデザイナーズとか、後ホームデザイナーズとか…、\(゜ロ\)(/ロ゜)/)。


手数料を頂かない代わりに薄利多売にシフトしなければならない為、弊社の場合はご予約制になってしまいますが、大体の方は、連絡入れてからご見学されると思うので、さしたデメリットとも思っておりませんけれども。

ただ、利益が取れると言っても、正規の手数料を頂戴する業者の半分の利益となるわけです。
システムが安定していない業者だと、手数料とは違う項目で請求したり、契約段階で請求する業者もいたりするそうです(そのような方からのご相談も実は多いです)。
ちなみに弊社がお客様に領収書を切る場合、仲介手数料(必要な場合)とローン事務手数料です。
こちらは、ホームページにも記載しておりますが、それ以外の名目でお客様に領収書を切ることはございません。


他には、単価が高い都内や千葉県内でも東京よりがメインターゲットの仲介手数料無料の業者さんが多いのが実情です。
不動産業者もボランティアではないので、利益が大きいところを狙うのは人情です。
スタッフのお給料や、顧客へのサービスへの出費もありますからね。
弊社は千葉県全域で対応してますが、千葉市、市原市、成田、四街道などもお問い合わせが多いです。
勿論 船橋や市川、浦安も対応していますが、選り好みをしないのが良いところです。
利益が少ないからと言って、ルールを曲げることはございません。
売買の場合、手数料も高いので、出費を抑えたい人は手数料無料の会社(特にホームデザイナーズにお問い合わせください しつこいですね(-_-))

会社選びの選定というか、ここからはアピールになってしまいますが、手数料無料+αのαが大事になってきます(ずっとアピールだった気もしますが(^_^;))。
たとえば、ホームデザイナーズの場合は、宅地建物取引主任者や(マンション)管理業務主任者、損害保険募集人、既存住宅アドバイザーなどの「国家資格等保持者が担当!」が一番、大きなαとなります。


手数料無料はいいけど、素人みたいな営業マンがでてきたら、「安かろう悪かろう」になります。
大手でも、これだけの資格や経験を持った人に担当に入ってもらうなんて難しいと思います。
次に、創業26年ならではの培ったデータを活かした豊富な情報と、他業者との連携があります。


当社の宅建業者免許番号は千葉県(7)8877です。(7)は5年ごとに1回として7回更新していますという証です。この免許番号だけでも歴史と実績の表れですので、価値あるものです。
逆にできたてほやほやの会社は(1)なわけです。
(1) が悪いわけではありません。最近、会社を立ち上げた弊社と懇意にしている超ベテランの方もいますが、最初は(1)からスタートです。

ただ、「仲介手数料無料」で(1)だと、印象はかなり変わりますよね。
不動産というお仕事は、横のつながり=他の不動産業者とのお付き合いも大事ですので、ぽっと出た業者が手数料無料を始めたとしても、他の不動産業者から邪険にされるケースもありますから。
お客様に紹介できない物件が多いとか、未公開の情報が手に入らないとかの弊害があったりするかもしれません。

注意は(1)でも国土交通大臣免許の場合は、全然違います。
たとえば、弊社が千葉に加えて東京都に事務所を出すと、千葉県(7)から国土交通大臣(1)になります。このような免許の場合は会社概要で歴史をチェックすると、本質が見えます。

後、弊社の場合はお客様に些細な事でもウソは決してつきません
その最たる例が、「お客様の声」です。


不動産業者のみならず、他の業者でも、実績がない会社が実績を見せるために、「ねつ造したお客様の声」を掲載しますが、一般の方を侮辱していると思います。
というか、見ればわかりますよね?
明らかに広告会社が作った不自然なポーズの写真とコメントや、ワード文書だけのコメント、手書きで字体を変えてるけど写真が無い。
コメントが、同じ調子…。素人でもわかるこれらは何とかならないものでしょうか?
素人でもわかるのが問題ですね(わからないようなねつ造はもっと悪質ですが)。

弊社で、ご契約いただけるとわかりますが、担当が「これは喜んでいただけた!」と思っていただいたお客様にキチンとお願いして掲載しています。
無理強いはできませんので、事情によってはお名前が伏字だったり写真が無かったりもしますが、全ての方が実在して、かつご満足を頂いております。多すぎるもの、見る方がわかりにくいのでごく一部に厳選しておりますが、頂戴しますと大変うれしいものです。
⇒⇒弊社WEBサイトのお客様からの声へはこちらをClick!⇐⇐


だらだらと書いてきましたが、最終的には営業マンです。
仲介手数料が必要であろうが、無料であろうが信頼できない人から、数千万円の物は買いません。
余談ですが、うちの社長が良くするエピソードがあります。

社長が若かりし頃(今でも若いってうるさいですがスルーします(*ノxノ))、仲介手数料無料なんて言葉が売主直売しかなかった頃のお話です。

社長は当時、仲介業者の社員。
物件をお客様にご見学いただいた後、お申込書を書いて、契約まで日数がありました。
契約前にお客さまから、「インターネットで見たら、売主で手数料無料って書いてあったんだけど、手数料はあなたの会社に払わなければいけないの?」と言われたそうです。

そのときの社長の返事は、
「誰よりも、お客様を思う私が担当になっております。この仲介手数料が安いか高いかはお客様が判断してください」
といったそうです(手数料は140万円ほど)。


結果は無事、手数料を頂戴してご契約いただいたそうです。
勿論、キチンと対応できない営業マンがこんなことをいっても、「その価値ないですね」といわれてしまします。
ひとつひとつ、お客様の信頼を勝ち得る営業マンだけが真の顧客満足と報酬を得られるわけです。

会社としては、手数料をいただいているほうが楽なのですが、弊社の会長も社長もスタッフも「バカ」がつくくらいのお人よしですから、手数料無料で運営しております。
逆に、「お客様の声」を含め、このような「声」をいただけるスタッフが、担当する手数料無料の会社ですので、ご購入をご検討の方は是非 お声を掛けてください。


手数料の話から長く脱線しましたが、上のエピソードでもありますように、売主直売でも手数料はかかりません。
ただ、誤解される方が大変多いのですが、手数料が無料なわけではなく不要です。
「?」と思った方も多いと思いますが、「仲介手数料が無料になったわけでは無く、仲介会社が無いから請求されない」という事です。

「?結果的には一緒ジャン」と思った方、アウトです。
仮に3,000万円のお買い物の場合ざっくりですが100万円近く仲介会社に仲介手数料がかかります。
弊社にご依頼いただいた場合、「本来100万円かかるものが0円になるわけですから、通常の仲介会社に依頼されるより100万円得しています。

「いやいや、仲介会社がいなかったら、0円なんだから、一緒でしょ?ぁっ…」
そうです。
仲介会社がいないという事は、
「誰よりもあなたのことを思う営業マン」はいないわけです。


売主の担当者が清廉な心の持ち主とは限りません。
請求書の内容で異常に高い費用があるかないかご自身でチェックして下さい。
他の物件のオススメなんてあるはずありません。売主は自分の物件が売れればいいだけです。

・価格の交渉だってご自身でしなければいけませんが、交渉術はお持ちですか?
・交渉がうまくいくコツはご存知ですか?
・その火災保険は本当にあなたに合ったものですか?
・契約書にあなたに不利な文言は入っていませんか?
・あなたはプロの不動産屋に言いくるまれない自信はありますか?
・その土地にあなたの作ったプランは本当に入りますか?
・不動産絡みの訴訟で売主直売や請負会社直売の訴訟が多いことはご存知ですか?
・仲介会社を入れたくない事情がある物件があるのをご存知ですか?
・その住宅ローン、あなたにあったものですか?
・住宅ローンが通らないときに安全に解約できる条項をただしく確認できますか?



数え上げればきりがありません。
売主直売で費用を浮かせるのは結構ですが、「プロと素人の契約」であることを忘れてはなりません。

弊社の仲介手数料最大無料は、通常3%+6万円払って依頼される事柄を無料で対応しているわけです。
仲介会社が無くならないのはこれが理由ですし、インターネット直売や競売が流行らないのもこれが理由です。
失敗した時のリスク数百万円~数千万を甘んじて受けるなら良いですが、通常、そのようなことを望まないでしょう。

また自信がある方は、宅建業者の免許をとって経営しているでしょう
(このような方はプロで仲介業者を入れる必要はないですが)。
なので、元来、仲介手数料は決して高いものではないのです。
仲介手数料を正規で受け取る会社にも頑張ってほしいところです。
それでも、安くご購入したいと思うのも人情ですから、不動産のご購入は是非ホームデザイナーズで♫


いつにもまして、長い文章になりましたが、社長が隣でうるさいんですよ(―ヘ―〆)
そろそろ、撮りためておいた「花にも団子」シリーズをラフな感じで更新したいと思います。


弊社ホームページ、地図から検索、物件数多数登録しています(これでも極々一部なのですが)
http://www.homedesigners.co.jp/


チバスモ(千葉)
http://www.homedesigners.jp/index.html


ご紹介キャンペーンはこちらから
http://www.homedesigners.jp/images/cashback_pop.jpg


我が社の財産!お客様の声はこちらから
http://www.homedesigners.jp/voice.html



アンパンマンの、カレーパンマンの「僕のカレーをお食べ♪」みたいなのが生理的に受け付けない、 おむすびマン も納得いかない(もうパンですらないという…)ホームデザイナーズ広報部東島でした。
次の更新もお楽しみに(#^.^#)
スポンサーサイト

テーマ:千葉県の不動産情報 - ジャンル:地域情報

[ 2013/10/12 23:29 ]

| 「仲介手数料無料のからくり」「仲介手数料無料の仕組み」「仲介手数料無料の不動産業者」 | コメント(0) | トラックバック(0) |

「仲介手数料無料のからくり」「仲介手数料無料の仕組み」「仲介手数料無料の不動産業者」

新築戸建 中古戸建 マンション 購入 仲介数料無料0円から!!!
「仲介手数料無料のからくり」「仲介手数料無料の仕組み」「仲介手数料無料の不動産業者」

こんにちは。
訪問いただきましてありがとうございます。

子供って、なんであんなにアンパンマンが好きなのでしょうか?
我が家のベビーベッドの上がアンパンマンとクマもんで埋め尽くされる日もそんなに遠くないでしょう。(⊃∀`* )
3秒でアンパンマンの顔が描けるようになった、アンパンマン熟練度上昇中、ホームデザイナーズ広報部の東島です。

さて、タイトルの
「仲介手数料無料のからくり」
「仲介手数料無料の仕組み」
「仲介手数料無料の不動産業者」

初期費用を抑えるために手数料を抑えたいが、安くなるには何か理由があるんだろうな…。
と思い、検索する人も多そうなので、お答えしましょう。
まず、はじめに大事なのは、「賃貸」と「売買」では「仲介手数料のシステム」が根本的に異なります。


まず賃貸の仲介手数料からから参りましょう。
お部屋を借りる「賃貸」ですが、宅建業法という法律で家賃の一か月分が上限と定められています。
これ以上、もらうと大変キツイお叱りを受けます。
貸主と借主から併せて1か月分です。取引では、借主が100%負担するのがオーソドックスです。

ん?!、だったら仲介手数料無料って無理じゃない?
そう、本来はその通りです。
ただ、宅建業法の条文をよく見ると、「広告宣伝費」はもらっていいよ。
と書いています。
この広告宣伝費で利益を確保すれば、「仲介手数料無料」も無理ではないと思うでしょ?
思いますよね?
結論から言いましょう。


もしこのシステムで運営している会社があれば、常識では考えられないボランティア精神をもっているか、宅建業法違反をしているか、とんでもない太っ腹なスポンサーとのお付き合いがあるのでしょう。
前提として、広告宣伝費をもらえる物件がなければこの不動産業者はなりたちません。
(だって手数料0円ですから)

お客様が気にいった物件が広告宣伝費が出ない物件だったら、この業者はただ働きするのでしょうか?
ウチではできませんていうのでしょうか?
宅建業法で定められている項目以外で請求するのでしょうか?

ビジネスモデル以前の問題ですね。
小学生の加減乗除がわかれば小学生でもわかる結論です。


大事なのは、「ではどうやって利益をだしているのか?」これに尽きます。

大家さんから大量に物件を預かっている不動産業者なら成立しますが、仲介手数料を無料で対応してくれるか否かとは別問題です。
エリアで大量に物件を預かれれば、手数料を下げたりしなくても、お客様はそこで借りるしかないですから、下げたりする必要がないです。
問題はそうではない不動産業者の方が多いってことですね。


大事なことは、上で書いた「宅建業法では、広告宣伝費を除いて仲介手数料は家賃の一か月分を上限として受領できる」という事です。

お金を払う際の領収書は誰がきるか、そこから回って利益を誰が享受できるのか。
ここが最大のポイントです。
安全なのは、予め概算書を出してもらう事でしょう。
そして、概算書をチェック。
契約の時に概算書にない項目があったり、不必要に費用が増えている場合はその会社を選んではいけません。


ちなみに弊社では「賃貸で仲介手数料無料」はできません。
もちろん、「仲介手数料半額」で対応できる物件もございます。
ただ、賃貸に限っては、あまり仲介手数料にこだわりすぎないほうが良いですよ。
広告宣伝費をもらえる物件だけ集めてみても、結局流通している物件の半分もなかったなんてことも多いです。

賃貸に限らず売買もですが、手数料や家賃や価格が下がるのは大いなるメリットですが、それを軸にしてしまうと、本末転倒な結果になりかねないという事です。

一番の目的は、「優良な物件を、ローコストで借りる(買う)」ことだと思いますので。
何より、弊社ではお客様の利益を最大限に考えます。そうするとこの結果になるのです。
仲介手数料無料の賃貸を行うことで、お客様にとって逆にデメリットを与えてしまうことになります。お客様の信頼を損なうことは決してしないポリシーでございます。

結論としては、売買は売主から頂戴できると明示してありますが、賃貸で仲介手数料無料は上記の宅建業法の規定を考えるとなじまないです。
賃貸はここまで。


次は売買ですが、長くなりましたので一旦ここで切って次回は売買編にしますヾ(*ゝω・*)ノ

テーマ:千葉県の不動産情報 - ジャンル:地域情報

[ 2013/10/12 23:07 ]

| 「仲介手数料無料のからくり」「仲介手数料無料の仕組み」「仲介手数料無料の不動産業者」 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。